ニキビの芯


ニキビを潰して芯を取り出すのは、自分でできるにきびの治し方ですね。 でもこの自己治療が危険なのは、失敗すると跡にあるリスクがあることです。


またこの方法はにきびができてスグじゃないとだめなのです。 では、ニキビ跡にしたくない人はどのような対策をしたらいいのでしょうか?




ニキビができてしまったら、みなさんはどのように対処していますか? そのまま触らずに治るまで我慢しますか? それとも、我慢できずにニキビをつぶしてしまいますか?

昔は「ニキビができたら、つぶして治す」と言う人が多かった気がします。 間違ったつぶし方によって、ニキビ跡がひどくなってしまった方もとは言っても実際にいらっしゃいますよね。

ニキビは、状況によりますが基本的に、「できてしまったら、もう触らない」ということが言われている中、いまだにつぶして治している人もいるようです。

やってはいけないのが、ニキビをつぶすことです。 でもにきびを潰さずに本当に自分で治すことができるのでしょうか? 

ニキビケアの記事調べて行くと、意外なことがわかりました。 ニキビができたばかり、最初のころに限定されます。ところが、上手にニキビの芯だけ出すことができたのだとしたら、ニキビを放置しておくよりも、跡にならずに上手く治せることもあるということです。

ニキビをつぶしてはいけないものだと思い込んでいた男の子も、目からうろこだと思います。 きれいに治ると言うことです。実は、この芯を出す方法を行っている方も意外と多いとか。

ただし、これは初期の段階のニキビに限定されているケア方法です。 すでに、悪化していたり、赤く炎症を起こしていたりするニキビは、やはり、従来どおり、触ってはいけません。

では、どのように自分でニキビケアを行うのか、芯を出す方法をご紹介しましょう。 芯を出す場合は、汚れた手で触って、ばい菌が傷口から入らないように注意しましょう。





資生堂のピンプリット、アクネケア プログラムd プログラム、シノアドアなどから効果が高いと評判の薬やファンデーション、化粧水をピックアップしていきます。